毛穴の角栓や黒ずみの詰まり

鼻の角栓や黒ずみの原因とは

洗顔料で毛穴の角栓・黒ずみがケアできる

鼻の周りで目立ちやすいのが黒ずみや角柱が溜まった毛穴です。

顔の中でも鼻は特に皮脂の分泌が多く毛穴も開きやすいから詰まりやすいのです。 だから、毎日きちんとケアしているようでもなかなか改善できなかったり、逆に悪化してしまう事もある厄介なものでしょう。

しかし、正しいケアを続けていればちゃんと解消する事はできますから、まずは原因について知ってみることからはじめてみてください。

まず、間違ったケアによって鼻の黒ずみが発生している事があります。

一度でも黒ずみや角柱が目立ってしまうと、ゴシゴシ洗ったりスクラブ洗顔をしたくなりますが、実は間違ったケアなのです。

皮脂汚れは取れば取るほど良いものではなく、肌に必要な潤いまで奪ってしまうと逆に皮脂を分泌させる特徴があります。
もしかしたら良かれと思っている事が、角柱や黒ずみを酷くしていたのかもしれないのです。

もし黒ずみなどが気になったら、蒸しタオルで毛穴を開いて優しく洗顔しましょう。

これだけでも大部分の汚れは落ちています。
それでもまだ黒ずみが気になったら、何度か繰り返しやってみてください。
また、洗顔後は冷水や氷などで毛穴を引き締め、化粧水で整える事も忘れないようにしましょう。
毛穴の中に黒ずみがあると取る事ばかり考えてしまいますが、潤いを与えて皮脂の分泌を抑えることも重要なのです。

また、日々のケアで余裕があるなら、保湿ケアを念入りに行なうのもおススメです。
肌に潤いがあり細胞一つ一つが健康なら、新陳代謝によって徐々に細胞の形が整ってきます。
乾燥している人は細胞の形がゆがみやすく、毛穴に汚れが詰まってしまう事があるのです。

洗顔料だけで一気に毛穴はキレイにならない

基本的には日々毛穴が詰まらないように、無添加の毛穴に洗剤がつまらない洗顔料で、たっぷり保湿して毛穴を引き締めるケアが大切です。

また、毛穴が綺麗になる洗顔料を探している方も多いと思いますが、
角栓を一気に溶かして綺麗にするような洗顔料はありません。

角栓は古くなった皮脂などです。
そもそも角栓を溶かしてしまう洗顔なんか使ったら、古くても新しくても皮脂なのですから、肌がボロボロになってしまうでしょう。

毛穴のケアは、毎日の洗顔と保湿で汚れを溜め込まない事が基本です。