オイルクレンジングとノンオイルクレンジング

クレンジングはノンオイルだとオイルより肌に負担が少ない?

オイルとノンオイルで迷う

クレンジングをする際に、オイルが含まれているものはメイクがしっかり落ちるため、使用している方もおおいと思います。化粧を濃い目に使っているときには大変効果を発揮しますので、かなりオイル派の方もおおいでしょう。

このオイルが多めのクレンジングには、界面活性剤という物質が多く入っていて、油分をよく剥がしてくれますが、お肌の潤い成分も溶かしてしまいます。
何度も使用して強く洗顔しますと、細胞間脂質やNMFなどが根こそぎ失われてしまう場合もあるのです。

オイルのクレンジングにくらべ、やはりノンオイルのクレンジングのほうが肌への負担はその分少なくなります。

しかし、化粧を落としきらない場合には、お肌に油分を残してしまうため、ニキビ肌などの肌トラブルの原因にもなってしまいます。

それに対して、オイルの多いクレンジングで保湿成分を剥がしてしまうのもまた肌トラブルの原因となってしまうため、これもジレンマですね。

そのため、化粧の濃さやお肌の情況にあったものを使用し、あまり負担をかけずに汚れを落とし、保湿をキプするようにバランスを取るのがとてもむずかしいところです。

しっかり落としたいときに、オイルやクリームタイプでしっかり落とし、薄化粧の時、水タイプのクレンジングを使用してさらっとお肌に負担をかけずに落とすなど、情況に応じて適切なクレンジングを心がけて、きれいな美しい肌を維持できるようにしましょう。油分を残さず、保湿をキープ出来ているかが肝心です。

おすすめのオイルクレンジング

オイルクレンジングでも最近はW洗顔不要なものが増えてきて、一度の洗顔・クレンジングでサッパリ洗い流されるものも多く人気が高いです。

ノンオイルでも良く落ちるものも増えていますので、使用感ではオイルとノンオイルの差はなくなってきたと言えます。

またオイルクレンジングでも、その洗浄成分にオリーブオイルをはじめとした植物由来のオイルを使っているものは、保湿効果も高くて肌にも良い効果が期待できます。

アマニオイルやオリーブオイル、しそ油など、食べてもカラダに良いオイルは基本的に肌にも優しく美肌効果も期待できるので、そういうポイントで選んでみるのも良いのではないでしょうか。